治療期間を知る | 歯科医院で綺麗で丈夫な歯を~カムカム歯~

歯科医院で綺麗で丈夫な歯を~カムカム歯~

治療期間を知る

インプラントの治療期間

インプラントの治療期間は、手術法によっても異なりますが、インプラント体を埋めたあと骨に結合し、インプラントと一体化する時間を要します。骨と結合する期間は個人差もありますが、下あごで約2〜3カ月、上あごで約3〜6カ月ほどかかります。また歯周病やむし歯がある方は、事前にその治療期間が必要となりますし、あごの骨の量が少ない場合には骨を増やす治療をしなければなりません。そのため治療期間はケースバイケースとなります。目安としては数か月、長い場合は1年以上に及ぶこともあるといえます。ただ、最近は治療期間を短くする方法がいろいろと考えられています。抜歯即時埋入法や即時荷重インプラントであるオール・オン・4などがそれで、すべての方がこれらの治療を受けられるとは限りませんが、条件さえ満たせば可能となり、治療期間が短縮できます。

何回ほど通院することに

また、インプラントの表面性状に工夫を施すことで、骨と結合しやすいようにするなど素材の工夫によって治療期間の短縮化も図られています。「治療終了までの通院日数はどのくらい」治療方法によっても異なりますが、一般的なケースとして検査などで手術前に2〜3回通院し、インプラントの埋入手術(1次手術)後、傷口の洗浄などで2〜3回、さらに人工歯を取り付けるアバットメント(支台部)の連結(2次手術)、印象採取(歯列の型取り)、人工歯の装着、かみ合わせの調整などで最低でも6〜8回の通院が必要です。さらにむし歯や歯周病があれば、その治療での通院や骨の量が少ない場合には骨造成の治療も加わる場合もあり、それだけ通院回数も増えます。ただ、インプラントを埋入した後、骨と結合してしっかり固定するまでの数か月間は、自分なりに経過観察は必要ですが、問題なければ通院の必要はありません。